本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 東京 > 女子学院

女子学院

                             東京

1870年に設立された女学校に始まる、キリスト教主義の学校


1870年にジュリア・カロゾルスにより、築地居留地に設立されたA六番女学校に始まる、キリスト教主義の学校。

その後、B六番女学校(後の新栄女学校)・原女学校とミセス・ツルーら婦人宣教師たちに引き継がれ、1890年に桜井女学校と合併して校名を「女子学院」と改め、矢嶋楫子を初代院長として、現在地に校舎を新築して発足しました。創立地の築地明石町には「女子学院発祥の地」記念碑が建てられています。


女子学院

女子学院


女子学院の初代院長、矢嶋楫子については三浦綾子著「われ弱ければ―矢嶋楫子伝」に詳しいです。

女子学院の講堂では、1961年には矢内原忠雄の、1974年には南原繁の葬儀が行われました。


女子学院
女子学院



 現地への行き方
東京メトロ「麹町駅」から徒歩3分。住所は千代田区一番町22-10です。


この地図は大体の位置を示すものなので、訪問の際は現地の案内や地図で所在地を確認してください。

インフォメーション
《本サイト内の関連ページ》
《本サイト以外のサイト》


                                         NEXT >>