本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 東京 > 南町奉行所跡

南町奉行所跡

                             東京

キリシタン殉教者の子孫が勤めていた


江戸の市政と治安を司っていた南町奉行所の跡。
JR有楽町駅前の広場とそこから地下に下りたスペースに遺構が展示されています。


南町奉行所跡

南町奉行所跡


江戸の町奉行は南北2 か所に設置され、江戸市中の行政・司法・警察など、幅広い分野を担当していました。

南町奉行所に与力として勤めていた原胤昭(はら・たねあき)は、自身の先祖にキリシタン殉教者がいたことを知ってキリスト教に興味を持ち、奉行所の押収品であるキリスト教関係の本を読んで、クリスチャンになることを決意しました。

原胤昭はキリスト教禁令の高札が撤去されてから洗礼を受け、銀座にキリスト教書店十字屋を開いたり、初の日本人主宰のクリスマス・パーティを開いたりしました。また子学院の前身となる学校の一つ、原女学校を設立しました。刑務所に収監されたことを契機に出獄後は教戒師になり、囚人保護の事業にも尽力しました。

原胤昭は与力の時代、八丁堀にあった家から徒歩で南町奉行所へ通ったと本の中で述べています。


南町奉行所跡
南町奉行所跡
南町奉行所跡解説
南町奉行所跡解説
南町奉行所跡解説
南町奉行所跡解説
南町奉行所遺構
南町奉行所遺構

南町奉行所遺構
南町奉行所遺構
解説板
解説板
南町奉行所遺構
南町奉行所遺構
南町奉行所遺構
南町奉行所遺構



 現地への行き方
JR「有楽町駅」南東側。複合商業施設イトシアプラザがある所で、住所は千代田区有楽町2-8および9。


この地図は大体の位置を示すものなので、訪問の際は現地の案内や地図で所在地を確認してください。

インフォメーション
《本サイト内の関連ページ》
《本サイト以外のサイト》


                                         NEXT >>