本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 東京 > 暁星学園

暁星学園

                             東京:キリスト教主義校

カトリックの名門男子校


1888(明治21)年に、フランスとアメリカから来日したカトリック・マリア会の5人の宣教師によって創立されたカトリック校。

当初は外国人居留地内のカトリック築地教会のそばに設置されました(暁星学園発祥の地)が、1890年に現在地へと移転しました。創立者アルフォンス・ヘンリック神父は、イエス・キリストの教えを学園教育の土台とし、キリスト教の理念に基づく教育により、 人格の完成をめざすと共に社会の福祉に努める人物を育成することに目的を置き、建学の精神としました。


暁星学園


暁星学園の出身者としては、山本信次郎(海軍の軍人でクリスチャン)や、森有正(哲学者)、長谷川路可(画家)、聖職者では岩下壮一神父、戸塚文卿神父を挙げることができます。

開校当初から「外交官の養成機関」と言われるほど、優秀な人材を輩出してきた学校として知られる、カトリックの名門校です。



暁星学園

暁星学園

暁星学園



 現地への行き方
地下鉄「九段下駅」から徒歩7分。住所は千代田区富士見1-2-5です。


この地図は大体の位置を示すものなので、訪問の際は現地の案内や地図で所在地を確認してください。

インフォメーション
《本サイト内の関連ページ》 《本サイト以外のサイト》


                                         NEXT >>