本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 東京 > 松本楼

松本楼

                             東京:クリスチャン関連資料

10円カレーで知られる老舗名店


1903年創業の、日比谷公園内にあるレストラン。

日本初の洋式公園として誕生した日比谷公園内に、時を同じくしてオープンした日比谷松本楼は、文芸活動「パンの会」第1回会合が開かれるなど、若き詩人や美術家たちが集まる場になりました。


松本楼


店内1階ロビーには、梅屋庄吉邸で孫文の夫人、宋慶齢が弾いていたピアノが置かれています。

辛亥革命時、日本に亡命中だった孫文は松本楼の現社長夫人の祖父にあたる梅屋庄吉に連れられて店を訪れました。

梅屋庄吉は孫文と辛亥革命を陰から支えた人物で、孫文は日本亡命中、梅屋邸に出入りしていて宋慶齢と出会い、結婚するようになったのです。

孫文は、しばしば松本楼も訪れていたことから、松本楼の再建後(1971年放火で焼失し、2年後に再建。その際に感謝で始まったのが「10円カレー」)に「孫文夫人ゆかりのピアノ」が店内に展示されることとなりました。孫文も妻、宋慶齢もクリスチャンです。



松本楼

松本楼前のイチョウ

首賭けイチョウ



 現地への行き方
地下鉄「霞ヶ関駅」徒歩2分。住所は千代田区日比谷公園1-2です。


この地図は大体の位置を示すものなので、訪問の際は現地の案内や地図で所在地を確認してください。

インフォメーション
《本サイト内の関連ページ》 《本サイト以外のサイト》


                                         NEXT >>