本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 東京 > カトリック調布教会

カトリック調布教会

                             東京

母体はサレジオ神学院


1967年に創立された調布にある教会。
母体となったのはサレジオ神学院で、1950年にサレジオ修道会の神学院が現在の場所に開設されたために、ユースセンター等が設立され、そこに集まった人の群れが教会を形成するようになったのです。


カトリック調布教会

カトリック調布教会


元々カトリック調布教会は、カトリック喜多見教会の分教会として始められました。

1967年にサレジオ修道会が東京教区から委託を受けたので、喜多見教会から分かれ、独立してカトリック調布教会が誕生しました。

同じ敷地内には、ドン・ボスコホール、野球・サッカー共用グラウンド、チマッティ記念聖堂、チマッティ資料館等があります。


カトリック調布教会
カトリック調布教会
聖堂内
聖堂内
ステンドグラス
ステンドグラス



 現地への行き方
京王線「調布駅」より徒歩15〜20分。住所は調布市富士見町3-21-12です。


この地図は大体の位置を示すものなので、訪問の際は現地の案内や地図で所在地を確認してください。

インフォメーション
《本サイト内の関連ページ》
《本サイト以外のサイト》


                                         NEXT >>