本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 東京 > 八丁堀 与力・同心組屋敷跡

八丁堀 与力・同心組屋敷跡

                             東京:キリシタン関連地

「八丁堀の旦那」が住んでいた


江戸時代に南北両町奉行配下の与力・同心が暮していた地域。
中央区の複合施設「京華スクエア」の敷地に解説板が建てられています。


京華スクエア

京華スクエア


キリシタン殉教者の家系の子孫で、南町奉行所に与力として務めていた原胤昭は、禁教令が解かれるとすぐにクリスチャンになって活躍したのですが、与力時代は八丁堀から奉行所に通勤したと書いています。


与力・同心組屋敷跡
与力・同心組屋敷跡

京華スクエア



 現地への行き方
東京メトロ「八丁堀駅」から徒歩1分。京華スクエアの住所は中央区八丁堀3-17-9です。


この地図は大体の位置を示すものなので、訪問の際は現地の案内や地図で所在地を確認してください。

インフォメーション
《本サイト内の関連ページ》
《本サイト以外のサイト》


                                         NEXT >>