本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 東京 > カトリック築地教会

カトリック築地教会

                             東京:教会、記念碑

東京で最古のカトリック教会


1874年、築地居留地内に創立された、東京で最古のカトリック教会。
1877年に司教座が置かれ、オズーフ司教が着座してから、司教座が関口教会に1920年までは、東京大司教区の司教座が置かれたカテドラル(司教座教会)でした。


カトリック築地教会

カトリック築地教会


現在地に煉瓦造りの聖堂が建てられたのは1878年のことで、プチジャン司教の司式により献堂されました。

その聖堂は1923年の関東大震災で崩壊してしまい、教会付属の建物も焼失しました。

現在の聖堂が竣工したのは1926年。翌年献堂式が行われました。ギリシャ建築パルテノン型の聖堂は木造モルタル造りで、当初、中央の信徒席は畳敷きでした。

この聖堂は1999年、東京都の歴史的建造物に選定され、2001年に中央区からも文化財指定を受けました。


カトリック築地教会
カトリック築地教会
カトリック築地教会
カトリック築地教会
築地教会解説板
築地教会解説板
殉教者記念碑
殉教者記念碑
歴史的建造物
歴史的建造物
聖堂内
聖堂内
聖堂内
聖堂内
聖堂内
聖堂内
アンジェラスの鐘
アンジェラスの鐘
アンジェラスの鐘
アンジェラスの鐘



 現地への行き方
東京メトロ「築地駅」より徒歩8分。住所は中央区明石町5-26です。


この地図は大体の位置を示すものなので、訪問の際は現地の案内や地図で所在地を確認してください。

インフォメーション
《本サイト内の関連ページ》
《本サイト以外のサイト》


                                         NEXT >>