本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 東京 > 大安楽寺

大安楽寺

                             東京:殉教地

牢内の処刑場


小伝馬町牢屋敷内の土壇場(処刑場)だった場所。
2008年に列福されたペトロ岐部が殉教したのはここだったのではないかと考えられています。


大安楽寺

大安楽寺


ペトロ岐部の尋問には将軍家光も臨席したことがありましたが、埒が明かず宗門改役の井上政重に委ねられました。

その取り調べは、最初は切支丹屋敷で、最後は小伝馬町で行われ、転びバテレンのフェレイラが立ち会ったこともありました。

ペトロ岐部は、最も過酷な拷問だとされる穴吊りにされても棄教しなかったため、穴から引き出され、生きたまま腹の上に燃える炭を置かれて殉教しました。


大安楽寺
大安楽寺
大安楽寺
大安楽寺



 現地への行き方
東京メトロ 「小伝馬町駅」から徒歩2分。十思公園の向いにあります。


この地図は大体の位置を示すものなので、訪問の際は現地の案内や地図で所在地を確認してください。

インフォメーション
《本サイト内の関連ページ》
《本サイト以外のサイト》


                                         NEXT >>