本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 東京 > ヤン・ヨーステン記念碑

ヤン・ヨーステン記念碑

                             東京:史跡

オランダ船リーフデ号に乗って


オランダ船リーフデ号に乗り、日本に漂着したヤン・ヨーステンの記念碑。
東京駅八重洲口の「八重洲」は、このヤン・ヨーステンの日本名、「耶楊子(やようす)」からきたものだという説があります。


ヤン・ヨーステン記念碑

ヤン・ヨーステン記念碑


オランダ人ヤン・ヨーステンは1600年に、乗っていた船、リーフデ号が難破したため大分県の臼杵にウィリアム・アダムスと共に漂着しました。

帰国を諦めて幕府に仕えたウィリアム・アダムスとは違い、東南アジア方面の朱印船貿易を行いながら祖国に帰ろうとしていましたが、船が沈んで死亡しました。


ヤン・ヨーステン記念碑
ヤン・ヨーステン記念碑
ヤン・ヨーステン記念碑
ヤン・ヨーステン記念碑
八重洲口へ
八重洲口へ



 現地への行き方
中央区日本橋3丁目の「日本橋3丁目」交差点付近にあります。


この地図は大体の位置を示すものなので、訪問の際は現地の案内や地図で所在地を確認してください。

インフォメーション
《本サイト内の関連ページ》
《本サイト以外のサイト》


                                         NEXT >>