本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 東京 > 銀座十字屋ビル

銀座十字屋ビル

                             東京:クリスチャン関連史跡

原胤昭がキリスト教書店を開いた


1874年、キリスト教禁令が解けて早速、原胤昭がキリスト教書店を開いた地。
戦災で最初の建物は失われましたが、1986年に現在の十字屋ビルが建てられた際にホールも備えられ、今は主に音楽関係のイベントが行われています。


銀座十字屋ビル

銀座十字屋ビル


創業から140年を超える老舗ですが、当初の聖書などキリスト教関係の本を扱っていた頃の面影は今は見られず、その名残を残しているのは、「十字屋」という屋号のみです。

原胤昭は幕末に南町奉行所で与力として働いていた人で、禁教令が解かれると早速クリスチャンになって活動したことで知られています。

日比谷図書文化館では原胤昭の旧蔵書が貴重な資料として展示されています。


銀座十字屋ビル
銀座十字屋ビル
銀座十字屋ビル
銀座十字屋ビル
銀座十字屋ビル
銀座十字屋ビル



 現地への行き方
東京メトロ「銀座一丁目駅」徒歩2分。住所は中央区銀座3-5-4です。


この地図は大体の位置を示すものなので、訪問の際は現地の案内や地図で所在地を確認してください。

インフォメーション
《本サイト内の関連ページ》
《本サイト以外のサイト》


                                         NEXT >>