本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 東京 > 暁星学園発祥の地

暁星学園発祥の地

                             東京:キリスト教関連史跡

カトリックの名門校発祥の地


カトリックの名門校、暁星学園の発祥の地。

暁星学園は、幼稚園から小・中・高校までを擁するカトリック系の学校で、幼稚園を除き男子校です。男児のみの小学校はかなり珍しい部類に入ります。


暁星学園発祥の地

暁星学園発祥の地


暁星学園は、1888年にカトリック修道会、マリア会の神父らが小規模の学校を設立し、築地司教座聖堂(現・カトリック築地教会)で開校したのが始まりで、その年のうちに麹町区(現・千代田区)に移転されました。

碑の上部には聖書とおぼしき本が開かれ、「あなたがたは地の塩、世の光である」と書かれているのが見えます。

この場所に通った訳ではありませんが、暁星学園の卒業生には岩下壮一神父、戸塚文卿神父、山本信次郎海軍少将らがいます。


暁星学園発祥の地
暁星学園発祥の地
暁星学園発祥の地
暁星学園発祥の地
学園沿革
学園沿革
カトリック築地教会
カトリック築地教会



 現地への行き方
東京メトロ「築地駅」より徒歩8分。カトリック築地教会の住所は中央区明石町5-26です。


この地図は大体の位置を示すものなので、訪問の際は現地の案内や地図で所在地を確認してください。

インフォメーション
《本サイト内の関連ページ》
《本サイト以外のサイト》


                                         NEXT >>