本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 東京 > 大久保長安陣屋跡

大久保長安陣屋跡

                             東京:史跡

キリシタンだったと噂される大久保長安


一説にはキリシタンだったとされる大久保長安の屋敷跡。
現在は産千代稲荷神社となっています。


大久保長安陣屋跡

大久保長安陣屋跡


大久保長安がキリシタンだったと噂されるのは、奉行となって支配した石見・佐渡・伊豆の金銀山で、アマルガム精錬法と南蛮フイゴを用いたので、それが宣教師との関係を疑わせる要因となっています。

しかし宣教師の記録には大久保長安が受洗したとは書かれておらず(幕府の禁教令が出される前なので隠す必要は特になかった)、キリシタンだったと書かれている史料は「大久保家記別集」だけで、これは信憑性が薄いものです。

キリシタンではなかったけれど、宣教師とは係わり合いがあった、とだけ考えるのが妥当な線かと思います。


大久保長安陣屋跡
大久保長安陣屋跡
鳥居
鳥居
産千代稲荷神社
産千代稲荷神社
大久保長安陣屋跡
大久保長安陣屋跡



 現地への行き方
JR八王子駅からバスに乗り、バス停「織物組合」下車、徒歩5分。住所は八王子市小門町82です。


この地図は大体の位置を示すものなので、訪問の際は現地の案内や地図で所在地を確認してください。

インフォメーション
《本サイト内の関連ページ》
《本サイト以外のサイト》


                                        NEXT >>