本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 東京 > カトリック志村教会

カトリック志村教会

                             東京

1967年創立のカトリック教会


1967年創立の、カトリックでは比較的新しい教会。
炊き出しなどの福祉活動で地域社会に貢献しています。


カトリック志村教会

カトリック志村教会


カトリック志村教会の設立には、板橋教会主任司祭ゲレオン・ゴールドマン神父の呼びかけに応えた西ドイツ(当時)各地の信者の寄付に拠るところが大きいです。

また聖堂、司祭館などの建設にあたっては、東京教区の献金が用いられました。

初代主任司祭は、水戸徳川家の一族で天皇とも親交のある、徳川泰國神父でした。

徳川泰國神父は、慶応義塾大学で学び、戦時中には特攻隊員として飛び立つところ飛行機が故障して飛び立てずそのまま終戦になったという、異色の経歴の持ち主で、終戦後司祭に叙階され、パリ留学と北町教会での牧会を経て、1967年に志村教会へと赴任しました。


カトリック志村教会
カトリック志村教会
カトリック志村教会
カトリック志村教会
カトリック志村教会
カトリック志村教会



 現地への行き方
都営三田線「志村三丁目駅」もしくは「蓮根駅」より徒歩6分。住所は板橋区坂下1-38-22です。


この地図は大体の位置を示すものなので、訪問の際は現地の案内や地図で所在地を確認してください。

インフォメーション
《本サイト内の関連ページ》
《本サイト以外のサイト》


                                         NEXT >>