本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 東京 > 町田ぼたん園

町田ぼたん園

                             東京:クリスチャン関連史跡

北村透谷・ミナ出会いの地


町田ぼたん園は民権の森公園の一部で、ぼたんの開花時期のみ有料で公開されています。
隣接地に自由民権運動の指導者であった石阪昌孝の墓があり、園内にはその長女ミナと北村透谷が出会ったことを記念した自由民権の碑が建てられています。


町田ぼたん園

町田ぼたん園


石阪ミナ(1865-1942年)は、三多摩地区の自由民権運動の指導者であった石阪昌孝の長女として生まれ、12歳で東京に出されました。

1885年、自由民権運動に参加した北村透谷はミナとこの地で出会い、ミナがクリスチャンだったので透谷も受洗し、結婚しました。

しかし次第に精神を病むようになった透谷は自宅で縊死したので、ミナは渡米して英語を学び、帰国後は師範学校で英語を教える傍ら、牛込の自宅で「実用英学校」を開校。教え子には今井邦子や神近市子がいました。1918年には小石川のミナの自宅に、同郷の詩人 八木重吉が訪問しています。


町田ぼたん園
町田ぼたん園
石阪昌孝墓所
石阪昌孝墓所
民権の森
民権の森
北村透谷・美那子出会いの地碑
透谷・美那子出会いの地碑



 現地への行き方
小田急線「町田駅」からバスに乗り、バス停「薬師ケ丘」下車、徒歩7分。住所は町田市野津田町2274-1です。


この地図は大体の位置を示すものなので、訪問の際は現地の案内や地図で所在地を確認してください。

インフォメーション
《本サイト内の関連ページ》
《本サイト以外のサイト》


                                         NEXT >>