本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 東京 > 自由民権資料館

自由民権資料館

                             東京:クリスチャン関連資料

三多摩の自由民権運動を学ぶ


自由民権運動及び町田の歴史に関する資料を収集、保管し、閲覧に供する施設。
常設展示「武相の民権/町田の民権」のほか、年2回の企画展が行われています。


自由民権資料館

自由民権資料館


常設展示では、自由民権運動を推進した人々の中にクリスチャンがいたことも紹介されています。

被差別部落の差別撤廃運動に携わった、山上卓樹や山口重兵衛らです。

山上卓樹は、若くして啓蒙思想家 中村正直の同人社に学び、また商用で横浜へ通ううちにキリスト教に接し、その平等や博愛の思想にひかれて同じ部落の山口重兵衛と共に洗礼をうけ、部落にキリスト教を導入しました。また妹の山上カクは修道女となって横浜で慈善活動に献身しました。

展示には書かれていませんが、1878年に山上卓樹や山口重兵衛は自分の故郷である八王子に聖瑪利亜(せいまりあ)教会を建てています。現在のカトリック泉町教会です。キリスト教の説く自由と平等が、天賦人権思想を基とする自由民権運動と気脈を通じていることを感じ、活動していたものとみられます。


自由民権資料館
自由民権資料館
自由民権資料館
自由民権資料館
武相の民権
武相の民権
山上卓樹
山上卓樹



 現地への行き方
小田急線「鶴川駅」からバスに乗り、バス停「綾部入口」下車、徒歩すぐ。住所は町田市野津田町897番地です。


この地図は大体の位置を示すものなので、訪問の際は現地の案内や地図で所在地を確認してください。

インフォメーション
《本サイト内の関連ページ》
《本サイト以外のサイト》


                                         NEXT >>