本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 東京 > 町田市立中央図書館

町田市立中央図書館

                             東京:クリスチャン関連施設

町田市が誇る図書館


町田市が誇る図書館。
膨大な蔵書を高度なシステムで、ストレスなく貸し出してくれることで市民からの定評があります。


町田市立中央図書館

町田市立中央図書館


収蔵書にキリスト教関係の本があるのは当然のことなのですが、エントランスを入ってすぐの所に舟越保武の彫刻が置かれているのでクリスチャン関連施設としました。

舟越保武(1912−2002年)はカトリックのクリスチャンで、戦後日本を代表する彫刻家。東京藝術大学名誉教授も務めました。

「長崎 26 殉教者記念像」「原の城」などのキリスト教関連の作品で広く知られていますが、町田市立中央図書館に置かれている像は、公共機関であるためか、宗教色のない「笛吹き少年」という作品です。


町田市立中央図書館
町田市立中央図書館
舟越保武の彫刻
舟越保武の彫刻
舟越保武作
舟越保武作



 現地への行き方
JR「町田駅」から徒歩2分。住所は町田市原町田3-2-9です。


この地図は大体の位置を示すものなので、訪問の際は現地の案内や地図で所在地を確認してください。

インフォメーション
《本サイト内の関連ページ》
《本サイト以外のサイト》


                                         NEXT >>