本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 東京 > 慶性寺

慶性寺

                             東京:クリスチャン関連史跡

アララギ派の歌人、今井邦子


アララギ派の歌人、今井邦子(1890−1948年)が戦時中に疎開していた寺院。

今井邦子はクリスチャンで、西田天香の一燈園にもいたことがありました。新聞記者をしていた頃、石阪ミナ(北村透谷の妻でクリスチャン)に英語を習ったことがあり、神戸照子(寒竹学苑というキリスト教系の教育施設を開いた女性)の短歌の師匠でした。


慶性寺

慶性寺


今井邦子は大正から昭和にかけて活躍した女流歌人。

信州下諏訪の出身で、1944年10月、戦争が激化したため鶴川村の慶性寺に疎開し、不動堂に住みほぼ一年を過ごしました。


慶性寺
慶性寺
慶性寺本堂
慶性寺本堂
慶性寺鐘楼
慶性寺鐘楼
慶性寺について
慶性寺について



 現地への行き方
小田急線「鶴川駅」からバスに乗り、バス停「金井入口」下車、徒歩3分。住所は町田市大蔵2177です。


この地図は大体の位置を示すものなので、訪問の際は現地の案内や地図で所在地を確認してください。

インフォメーション
《本サイト内の関連ページ》
《本サイト以外のサイト》


                                         NEXT >>