本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 東京 > 町田市内高札場(5ヶ所)

町田市内高札場(5ヶ所)

                             東京:キリスト教関連史跡

幕府の権威を示す高札場


幕府や藩の法度(はっと)や掟書を掲示するために造られた公設掲示板。
町や村の入口や中心部などの目立つ場所に築かれ、幕府の権威を示すものでもあったため、これを管理する役人が置かれ、毀損すると罰せられました。

代表的な高札としては、1661年の5枚の高札(撰銭、切支丹、火事場、駄賃、雑事)や、1711年の5枚の高札(忠孝、切支丹、火付、駄賃、毒薬)、明治になって新政府から出された五榜の掲示がありますが、いずれにも含まれていたのがキリシタン禁制の高札でした。


大蔵高札場跡

大蔵高札場跡


町田市内には5ヶ所の高札場がありました。

大蔵高札場は旧神奈川道の往来入口にありました。現在は道の中州のようになっている所です。

住所は町田市大蔵小名中字中村1113番辺りです。

野津田高札場跡

野津田高札場跡


野津田には町田市野津田字本村に元標があり、そこに高札も築かれていました。


図師高札場跡

図師高札場跡


図師では町田市図師字宿8号1685番地辺りに高札場がありました。

芝溝街道の拡幅工事のため現在は交差点になっています。


小野路高札場跡

小野路高札場跡


小野路は江戸時代、脇往還の宿場町でした。

2013年に開館した小野路宿里山交流館の門前、町田市小野路字宿945番地辺りに高札場はありました。

ちょうど昔高札場があった所に、小野路宿の歴史を記載した、高札型の解説板が建てられています。


真光寺高札場跡

真光寺高札場跡


真光寺では村の中央である、町田市真光寺10号925番地辺りに高札場がありました。

鶴川街道と飯守神社道の角地でした。




 現地への行き方
小田急線「町田駅」からそれぞれ車で15分〜45分。


この地図は大体の位置を示すものなので、訪問の際は現地の案内や地図で所在地を確認してください。

インフォメーション
《本サイト内の関連ページ》
《本サイト以外のサイト》


                                         NEXT >>