本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 東京 > 農村伝道神学校

農村伝道神学校

                             東京:キリスト教関連施設

日本基督教団の認可神学校


町田市にある日本基督教団の認可神学校。
正式名称は鶴川学院農村伝道神学校と言い、土に親しみ、そこで培った豊かな感性を持って聖書を学ぶことを目的に掲げています。


農村伝道神学校

農村伝道神学校


農村伝道神学校は、1927年に来日したカナダ人宣教師アルフレッド・ラッセル・ストーンによって創設されました。

教会が社会的救済を担うためには指導者の養成が急務であることを感じたストーンは、農村で生活し土と共に生きることで人間性を培い、一人一人の人間を大切にする伝道者を養成しようと考えました。

日本基督教団の形成に資する牧師、特に農村や地方教会に仕える伝道者を養成する神学校となっています。


農村伝道神学校
農村伝道神学校
農村伝道神学校
農村伝道神学校
教育施設
教育施設



 現地への行き方
小田急線「鶴川駅」からバスに乗り、バス停「野津田車庫」下車、徒歩10分。住所は町田市野津田町2024番地です。


この地図は大体の位置を示すものなので、訪問の際は現地の案内や地図で所在地を確認してください。

インフォメーション
《本サイト内の関連ページ》
《本サイト以外のサイト》


                                         NEXT >>