本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 東京 > 日本聖公会 聖アンデレ教会

日本聖公会 聖アンデレ教会

                             東京

初代牧師はアレクサンダー・クラフト・ショー


日本聖公会東京教区の主教座聖堂。

聖公会の日本宣教は、1859年にC.M.ウィリアムスとL.リギンズの二人が長崎に来日したことに始まります。現在では北海道、東北、北関東、東京、横浜、中部、京都、大阪、神戸、九州、沖縄の11教区に約350の教会、約5万人の信徒がいます。


日本聖公会 聖アンデレ教会

日本聖公会 聖アンデレ教会


聖アンデレ教会は、英国福音伝道会から日本に派遣されたA.C.ショーとW.ライトによって、1876年に前身になる教会が建てられました。

A.C.ショーは福沢諭吉との親交が深く、福沢はショーのため自宅の隣に西洋館を建て、慶応義塾で塾生に対するキリスト教教育の機会も与えました。

1877 年、ショーは諭吉の援助もあって、現在地に敷地を購入し、自宅を建設。そして2年後の1879年にレンガ造りの聖堂を完成しました。これがアンデレ教会の最初の教会堂で、現在の教会堂は1996年に建設されたものです。


聖アンデレ教会
聖アンデレ教会
聖アンデレ教会
聖アンデレ教会



 現地への行き方
東京メトロ「神谷町駅」から徒歩8分。住所は港区芝公園3-6-18です。


この地図は大体の位置を示すものなので、訪問の際は現地の案内や地図で所在地を確認してください。

インフォメーション
《本サイト内の関連ページ》
《本サイト以外のサイト》


                                         NEXT >>