本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 東京 > カトリック大森教会

カトリック大森教会

                             東京キリシタン関連地

創立は1922年


大森にある1922年に創立されたカトリック教会。
現聖堂は創立50周年を記念して、1972年に建設されました。


カトリック大森教会

カトリック大森教会


カトリック大森教会は、アルベルト・ブルトン神父が訪問童貞会(後の聖母訪問会)の2名の修道女と共に幼稚園、医院を開設し宣教活動を開始したことに始まります。

1928年、聖堂と修道院が完成し、一般向けに岩下荘一師、カンドウ師の講演会も行われました。

戦時中に旧聖堂は焼失しましたが、戦後復興し、東京教区で最初に復興した教会となりました。1972年には現聖堂が建設され、今に至っています。


カトリック大森教会
カトリック大森教会
カトリック大森教会
カトリック大森教会
カトリック大森教会
カトリック大森教会



 現地への行き方
JR京浜東北線「大森駅」より徒歩10分。住所は大田区大森北2-5-11です。


この地図は大体の位置を示すものなので、訪問の際は現地の案内や地図で所在地を確認してください。

インフォメーション
《本サイト内の関連ページ》
《本サイト以外のサイト》


                                         NEXT >>