本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 東京 > カトリック上野毛教会

カトリック上野毛教会

                             東京キリシタン関連地

今井兼次が設計した聖堂


世田谷区上野毛の閑静な住宅街にあるカトリック教会。
聖堂の設計は長崎26聖人記念館やサン・フェリペ教会を手がけた今井兼次で、細部に至るまでデザインが利いています。

教会の創立は1952年8月15日。第二次世界大戦後に皇籍離脱した朝香孚彦(あさか たかひこ。皇籍離脱前は朝香宮孚彦王)も、この教会に通っていました。


カトリック上野毛教会

カトリック上野毛教会


教会を担当する跣足カルメル修道会は、 1933年から来日し、1952年、 上野毛の地に修道院を構えました。それが教会の始まりです。

現聖堂は1959年5月に落成したもので、最近では稀な木造建築。設計者の今井兼次は、当初鉄筋建築を構想していましたが、「日本にマッチした空間を」 との要望を、担当司祭のボナルド神父から受けて、 木造建築へと修正しました。


聖堂内
聖堂内
聖堂内
聖堂内
聖像
聖像
聖体箱
聖体箱
聖堂内
聖堂内
上野毛教会ドア
上野毛教会ドア
上野毛教会ドア
上野毛教会ドア
カトリック上野毛教会
カトリック上野毛教会



 現地への行き方
東急大井町線「上野毛駅」より徒歩5分。住所は世田谷区上野毛2-14-25です。


この地図は大体の位置を示すものなので、訪問の際は現地の案内や地図で所在地を確認してください。

インフォメーション
《本サイト内の関連ページ》
《本サイト以外のサイト》


                                         NEXT >>